7

ウインド・ダンス Wind Dances

リチャード・ソーセイド Richard Saucedo

  • 出版社
    Hal Leonard
  • Grade
    1.5
  • 演奏時間
    2:25
  • 曲想/ジャンル
    コンサートのオープニング
  • 品番
    GYW00133877
  • 対象
    小学校〜中学校
  • 用途
    コンサート。リズムの表現の教材。
  • 演奏に必要な最少人数
    17

▼ クリックで拡大する

作曲者と作品について

リチャード・ソーセイドは2013年にリタイアするまで30年以上にわたって高校のバンド・ディレクターを務め、そのかたわらマーチング・バンドとコンサート・バンドの作曲と編曲を数多く手がけた。現在はフリーの作曲家として活躍しており、2016年には日本吹奏楽指導者クリニックに招かれて、自身の作曲家/教育者としてのポリシーを語り、多くの受講者に感銘を与えた。そのソーセイドがシンコペーションを教える教育的題材として書いた作品。リズムの理解のみにとどまらず、発音、音の形の作り方、息の使い方を含むその表現を学ぶ上で好適な教材といえよう。特に吹奏楽のオリジナル作品にはこのパターンのリズムが多く登場するので、このようなやさしい曲でそのスタイルや奏法を学んでおくと、その後さまざまな作品に応用できるはずだ。グレード1.5とは思えないほど音楽そのものも格好よく、コンサートのオープニングに最適である。リズムに焦点を当てた作品ではあるはものの、メロディーも実に美しく印象的で、小学校バンドにも歓迎されるに違いない。

指導のポイント

このようなリズムのパターンを活かし、的確に表現するために、4分音符は息にスピードをつけて減衰形にし、8分音符は短く、切り口をはっきりさせて、次の音との間を空けるよう指導したい。

◆ 中心となるパート

リズムがポイントとなる曲だけに、打楽器が特に重要。また、高音楽器と同様にリズムを刻む低音パートも責任が大きい。

◆ 主要な楽器の最高音

トランペットトランペット

編成についてのアドバイス

クラリネット、アルト・サクソフォーン、トランペットが2パートずつで、他は各楽器1パートずつ。打楽器は6名要求されているが、クラッシュ・シンバルとサスペンデッド・シンバルを兼務して5名で演奏してもよい。演奏可能な編成はフルート1、クラリネット2、バス・クラリネットまたはバリトン・サクソフォーン1、アルト・サクソフォーン2、テナー・サクソフォーン1、トランペット2、ホルン1、トロンボーンまたはユーフォニアム1、テューバ1、打楽器5、計17名。オプショナルのピアノ・パートがあり、基本的に旋律とベースを演奏しているので、低音が手薄な場合は有効に活用したい。

こちらもおすすめ

雲の中へ! Into the Clouds!
リチャード・ソーセイド/ Hal Leonard 品番GYW00051941
同じ作曲家による、さらにスピード感のあるコンサート・オープナー