9

パンダのマーチ March of the Pandas

ポール・クラーク Paul Clark

  • 出版社
    C. L. Barnhouse
  • Grade
    2
  • 演奏時間
    3:15
  • 曲想/ジャンル
    ユーモア/マーチ
  • 品番
    GYW00133783
  • 対象
    小学校〜中学校
  • 用途
    コンサート
  • 演奏に必要な最少人数
    17

▼ クリックで拡大する

作曲者と作品について

アメリカのヴェテラン作曲家クラークは永年アイオワ州の公立学校で器楽教育に携わった人。特にジャズ教育における功績が高く評価されており、コンサート・バンドのための作品も、軽く親しみやすい内容のものが多い。タイトルからおわかりのとおり、これも楽しくユーモア溢れるマーチ風の曲。小学校バンドのレパートリーとしても好適で、特に聴衆に小さな子どもの多いコンサートでは支持を得ること確実である。4分の4拍子であることを除けばマーチとしてのスタイルは踏襲されているものの、イントロが中途半端な5小節だったり、カウベル、ラチェット、スライド・ホイッスルなどによる擬音が用いられたり、思いがけない短2度の衝突が聴こえたり、フォルテとピアノのびっくりするような対比があったり、突然ティンパニの勇壮なソロが現われたり、と、つい笑ってしまうユーモラスな仕掛けが満載。しかも(この点が肝心なのだが)下品なドタバタになることなく品位が保たれ、形式も、和声も、アンサンブルのつくりも入念で弛みがない。特にミュージカルを思わせる洒脱な和声は秀逸で、ジャズの演奏家/教育者としても知られているクラークの持ち味が生かされている。

指導のポイント

「マーチ」なので、原則として8分音符と4分音符は短めに演奏するが、アクセント、スタッカート、アクセントを伴うスタッカート、テヌート等の指示も多いので、それらを見逃さず、意味をよく考え、曲想に合わせて表現できるようにしたい。このような研究の成果は、他の作品に取り組む際にもきっと生かせるはず。また、音符だけではなく、休符も正確なリズムで「演奏」するよう心がけること。

◆ 中心となるパート

打楽器が主役となる場面が多く、使用されている打楽器のほとんどすべてにソロの場面がある。

◆ 主要な楽器の最高音

トランペットトランペット

編成についてのアドバイス

クラリネットとトランペットが2パートずつで、他は各楽器1パート。アルト・サクソフォーンは2つに分割される場面があるものの、他の楽器と音が重なっているので、バランスに配慮すればひとりでも問題ない。打楽器はグロッケンシュピール、ティンパニ、スネア・ドラム、バス・ドラムの4名プラス小物打楽器2名(マリンバは省略可能)。演奏可能な編成はフルート1、クラリネット2、バス・クラリネットまたはバリトン・サクソフォーン1、アルト・サクソフォーン1、テナー・サクソフォーン1、トランペット2、ホルン1、トロンボーン1、ユーフォニアム1、テューバ1、打楽器6、計17名。

こちらもおすすめ

音楽で大騒ぎ Musical Mayhem
ロバート・W. スミス/ C. L. Barnhouse 品番GYW00128982
ギャロップ風のユーモラスな小品