トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットフリー・スピリット序曲/クラーク編曲: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

ウィリアムス, Jerry
フリー・スピリット序曲/クラーク編曲: スコアとパート譜セット

WILLIAMS, Jerry :Free Spirit Overture/arr. Clark: Score & Parts

 
商品番号 GYW00062087
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 バーンハウス社
価格 8,700円 (税込 9,396円
収録曲
サイズ
楽譜説明



原曲となる吹奏楽フル編成版は1985年に同社「コマンド・シリーズ」で出版。力強く険しい性格を持った提示部と、哀愁漂う中間部の旋律が印象的な急-緩-急の三部構成となっている。通常、フレックス編成の楽譜は5声体の動きをベースにしてアレンジされるが、この曲の大部分の箇所は1パート少ない4声体+パーカッションで制作されているため、トロンボーン・ユーフォニアム・バスが重複したパートを担当する事となり、中低音楽器の人数が少なくて悩むバンドや総勢20名に満たない極小編成での演奏が可能。金管バンド編成でこの楽譜に取り組む際には音域の変更を要す部分が有り、若干の楽譜操作が必要となる(下記参照)。特に小さな編成のバンドによる音楽会やフェスティバルでの演奏やコンテスト・ピースとして適している。
原曲の吹奏楽版も現行販売されている。

【活用のポイント】
金管バンド編成で演奏の際は1stコルネット(Part1)、2ndコルネット(Part2)、アルトホルン(Part3 in Eb)、トロンボーン(Part4 in C)、ユーフォニアム(Part4)、バス(Tuba)のパート譜を使用するとよい。パーカッションは5人、ドラムセットの使用で4名に抑えられる。(Part3)を担当するアルトホルンは冒頭の6小節間と小節番号【59】からの4小節間をオクターヴ下げて演奏するとよいだろう。弱奏部分の演奏人数を少なく調整し音色の変化を演出すると効果的だろう。
(解説: 座間吉弘)

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品
フリー・スピリット序曲/クラーク編曲: スコアとパート譜セット|ウィリアムス, Jerry|バーンハウス社
ウィリアムス, Jerry
フリー・スピリット序曲/…