トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットブランドン・ベイ(フレックス編成版): スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

ハックビー, Ed
ブランドン・ベイ(フレックス編成版): スコアとパート譜セット

HUCKEBY, Ed :Brandon Bay: Score & Parts

 
商品番号 GYW00064918
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 バーンハウス社
価格 8,000円 (税込 8,640円
収録曲
サイズ
楽譜説明



アメリカのスクールバンド向けの名作を数多く手掛けたハックビーの作品。1992年に原曲となる吹奏楽フル編成版が「コマンド・シリーズ」のラインナップで出版されヒットした。氏の作風の特徴となっている提示部の躍動的なリズムと明るさ、中間部三拍子のアイルランドの子守歌をイメージさせる旋律が印象的。軽快な4分の4拍子の流れの中で効果的に8分の6拍子が挿入されリズム変化を演出している。効果的な演奏を狙うには中間部メロディーを表情豊かに演奏出来るアルトホルンのメンバーが不可欠。このフレックス編成のアレンジは5声体+パーカッションで書かれている。やや短いがコンテスト・ピースとしても活用できる。
原曲の吹奏楽版も現行販売されている。

【活用のポイント】
金管バンド編成で演奏の際は1stコルネット(Part1)、2ndコルネット(Part2)、アルトホルン(Part3 in Eb)、トロンボーン(Part4 in C)、ユーフォニアム(Part4 or Bass)、バス(Tuba)のパート譜を使用するとよい。パーカッションは5人、ドラムセットの使用で4名に抑えられる。
冒頭は全員で演奏し、5小節目からは伴奏を含め、それぞれのパートの人数を抑えると強弱のコントラストが演出できる。練習番号【15】からの4小節間のメロディーはフリューゲルホルン・ソロとしても面白いだろう。人数減の効果を工夫すると面白い。
(解説: 座間吉弘) Series:Barnhouse Build-A-Band Series バーンハウスのフレックス編成のシリーズ “Build-A-Band Series”に含まれる作品。編成全体が4つか5つのパートと打楽器パートで構成されており、各パートは数種類の楽器で演奏が可能。さまざまな楽器の組み合わせにより、ごく少人数でも演奏できるわけで、メンバーが少ないバンドや編成がアンバランスなバンドにはありがたい楽譜だ。この “Build-A-Band Series” は4つのパートとバス楽器(テューバまたはストリング・ベース)、それに打楽器という編成で、キーボード(ピアノ)のパートもある。打楽器は5〜6人分のパートがあるものの、ドラム・セットを使用し、鍵盤打楽器を適宜省略すれば、3人で演奏可能。
もともとは普通の吹奏楽編成で1992年に出版され、コンクールでも盛んに演奏されていた曲。今回20年ぶりにフレックス編成で再登場となった。このタイプの楽譜だとあまり複雑な音楽は演奏できないため、どうしても軽く単純な作品が多くなるが、この作品はコンクール・レパートリーとして十分な内容を備えている。急〜緩〜急の三部形式で、スピード感溢れる「急」の部分の躍動感が印象的だ。打楽器が活躍するので、人数や編成によってはバランスに気をつけたい。
(解説: 後藤 洋)

備考 品切れ
最近見た商品