トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットオーヴァーテューラ(フレックス編成 2013年版): スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

ハックビー, Ed
オーヴァーテューラ(フレックス編成 2013年版): スコアとパート譜セット

HUCKEBY, Ed :Overtura (2013)(Flex Band): Score & Parts

 
商品番号 GYW00103767
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 バーンハウス社
価格 8,700円 (税込 9,396円
収録曲
サイズ
楽譜説明



ハックビーの代表作の一つ。原曲となる吹奏楽フル編成版は1992年に出版されヒットしている。作曲者自身の手により2013年にフレックス編成としてリメイクされた。変拍子でリフレインされるモティーフを備えた険しい旋律が度重なる毎に高まり、後に抒情的な三拍子の中間部が歌い上げられる三部構成となっている。このフレックス編成版は5声体+パーカッションが基本となっており、音域の関係から金管バンドで演奏の際は若干の楽譜操作が必要となる(下記参照)。音楽会のメイン曲やコンテスト・ピースとしても活用できる。
原曲の吹奏楽版も現行販売されている。

【活用のポイント】
金管バンドの編成で演奏の際は1stコルネット(Part1)、2ndコルネット(Part2)、アルトホルン(Part3 in Eb)、トロンボーン(Part4 in C)、ユーフォニアム(Part4+Bass)、バス(Tuba)。パーカッションはティンパニを含め5人、ドラムセットの使用により4人で賄える。(Part3)の最後のコーダ部分に本来はフレンチホルンで奏されるグリッサンドが記されているが、アルトホルンで演奏の際はこの部分をオクターヴ上げ、グリッサンドは省略し到達音の三度下から順次進行の前打装飾音を加える。具体的には到達音「ミ」の場合は「ドレミー」、「ファ」の場合は「レミファー」...。また、中間部・旋律線のリレーションがやや複雑に作られているので聴こえるべきパートを整理して表現したい。
(解説: 座間吉弘)

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品