トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットクラリネットは早じまい(クラリネット・セクション・フューチャー): スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

ファーガン, Gary
クラリネットは早じまい(クラリネット・セクション・フューチャー): スコアとパート譜セット

FAGAN, Gary :Clarinets Packing Up Early: Clarinet Section Feature: Score & Parts

 
商品番号 GYW00113008
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 アルフレッド社
価格 9,000円 (税込 9,720円
収録曲
サイズ
楽譜説明



クラリネット・セクションをフィーチャーした、軽快でユーモラスな小品。スコアには、演奏の前に指揮者が聴衆に以下のことを説明してもよい、と書かれている。
「クラリネットは、すべての楽器の中で最も片付けるのが厄介な楽器です。たくさんの部分を取り外すのに時間がかかるため、クラリネット奏者はしばしば次の授業に遅れてしまいます。したがって、彼らは他のメンバーと同時に後片付けを終えるために、バンドの練習が終わる前に楽器をしまい始めなくてはなりません。どうぞ、これからそのようなことが起こっても気になさらないでください。私たちの演奏にはほとんど影響はありませんから」
この説明が示唆しているように、クラリネットが少しずつ楽器の部分を(ベル、下管、上管の順に)取り外し、ケースにしまいながら演奏を続ける曲。クラリネットのパートはベルと下管を外しても旋律が(少々奇妙な音程になるとはいえ)演奏できるように書かれているが、さすがにマウスピースとバレルのみになると旋律は演奏できず、リズムを刻むだけになり、最後はバンドが演奏している間にマウスピースとバレルもケースに収納し、ケースを勢いよく閉じる音でエンディングとなる。
幅広い層の聴衆に大受けすること必至だが、新入部員勧誘にも有効な曲であることは間違いない。日本ではアメリカと違い、吹奏楽が授業として行われていないので、指揮者の説明にある「次の授業に」を「下校の時刻に」と言い換えてもよいだろう。バンド全体で20人程度から演奏可能。
(解説: 後藤洋)

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品