トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットタイム、トーン、チューン、テクニック: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

スミス, Robert W.
タイム、トーン、チューン、テクニック: スコアとパート譜セット

SMITH, Robert W. :Time, Tone, Tune, Technique: Score & Parts

 
商品番号 GYW00113320
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 バーンハウス社
価格 11,800円 (税込 12,744円
収録曲
サイズ
楽譜説明



教育的なコンセプトの作品に本領を発揮しているスミスの監修・作曲による、新しいアイディアを盛り込んだ合奏トレーニング/ウォームアップ用の作品。タイトルが示唆しているように、特定の課題に焦点を合わせた4つの部分から構成されている。

(1)タ イム:リズムの練習。休符、付点、タイ、拍子の変更を含むさまざまなリズムがひとつの 曲の中に盛り込まれ、全員がユニゾンで演奏する。テンポは指定されておらず、その都度適切と思われるテンポを設定。スミスは、最初はメトロノームに合わせて、その後はメトロノームを使わず、指揮に合わせて演奏することを提案している。ピッチも指定されていないので、まず手拍子で、その後は、楽器を用いて特定の音(まずはBbから)、その時に取り組んでいる曲の調の音階、和音などで演奏するとよい、と、これもスミスの提案。


(4) テクニック:Bbからスタートし、4度ずつ調を上げて、すべての調の長音階によるスケールの練習を行い、またBbに戻る。単純な上向?下向の音階ではなく、2小節と2拍かけて少しずつ8分音符でオクターヴ上昇し、1小節と2拍かけて元の音に戻るようになっている。1 小節単位でスラーが付けられているが、アーティキュレーションは適宜変更してもよい。

4種類の練習を通して行う必要はなく、必要と思われる練習を適宜採り入れたい。特に『トーン』と『テューン』は日常の基礎合奏に有効。『タイム』は新入生がまず取り組む練習としておすすめできる。『テクニック』は、まず個人練習からスタートした方がよいだろう。
(解説: 後藤洋)

備考 品切れ
最近見た商品