トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットエヴォカティオ: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

バルメイジズ, Brian
エヴォカティオ: スコアとパート譜セット

BALMAGES, Brian :Evocatio: Score & Parts

 
商品番号 GYW00113701
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 エフ・ジェー・エッチ ミュージック社
価格 15,500円 (税込 16,740円
収録曲
サイズ
楽譜説明



古代に行われていたという神を呼び出す儀式をイメージした、ミステリアスでエネルギッシュな作品。曲全体は大きく3つの部分に分かれ、最初の部分では、フルートによって静かに提示された不気味な旋律を、さまざまな楽器による和声的断片が取り囲む。それに続くのは、ティンパニやクラベス、マラカスなどの刻みに乗って繰り広げられる、野卑なダンスの場面。拍子はほぼ1小節ごとに変化するものの、音楽的にはきわめてシンプルだ。同じ旋律がさまざまな楽器に受け渡されて執拗に繰り返されるうちに、取り憑かれたかのような高揚感がもたらされる。ここまではジョン・バーンズ・チャンスの《呪文と踊り》やジェイムズ・バーンズの《祈りとトッカータ》に非常によく似た音楽。熱狂が静まった後の最終場面は、各種木管楽器のソロで冒頭の気分が再現されたのち、ティンパニが刻む3連符のパルスに導かれ、ゆっくりとした歩みの中で息の長いクレッシェンドが表現され、レスピーギの《アッピア街道の松》を連想させる壮大なクライマックスを迎える。
瞬発力と持続力の両方が必要な曲で、正確なリズムの表現とサウンドのバランス設計がポイントとなるが、後半トランペットに高音域が要求される点を除けば、技術的にはそれほど困難なところはない。インパクトは十分で、しかも非常にシリアスな内容。聴き手が強烈な印象を受けるのは間違いないだろう。
神を召喚する儀式は「エヴォケーション」と呼ばれ、曲のタイトルはそれに由来している。
ウォーター・ゴング、クロテイル、チャイナ・シンバルを含む、多くの打楽器が必要。打楽器セクションの活躍に期待したい。編成は標準的で、40名程度から演奏可能だ。
(解説: 後藤洋)

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品
エヴォカティオ: スコアとパート譜セット|バルメイジズ, Brian|エフ・ジェー・エッチ ミュージック社
バルメイジズ, Brian
エヴォカティオ: スコアと…