トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットツイン・ポーツ序曲: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

キャンプハウス, Mark
ツイン・ポーツ序曲: スコアとパート譜セット

CAMPHOUSE, Mark :Twin Ports Overture: Score & Parts

 
商品番号 GYW00113738
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 チョス ミュージック社
価格 13,900円 (税込 15,012円
収録曲
サイズ
楽譜説明



キャンプハウスはヴァージニア州のジョージ・メイソン大学で作曲と指揮を教え、吹奏楽の指導も行っている。日本で知られている彼の作品は10 曲ほどだが、その深く哀切な抒情と重厚な響きのファンは多い。
この作品のタイトルは、ミネソタ州で活動する吹奏楽団、ツイン・ポーツ・ウインド・オーケストラの委嘱で作曲されたことに由来する。この楽団の首席トロンボーン奏者として活躍し、教育者としても地域の音楽教育に多大な貢献をした故ジェイムズ・ステルメイカーの業績を讃える目的で委嘱された。キャンプハウスはしばしば自作の音楽的素材として賛美歌の旋律を導入しているが、ここでもステルメイカーの葬儀で歌われた賛美歌《全能の神に賛美あれ Praise Ye the Lord, the Almighty》が曲中に引用されている。
曲全体は、大きく4つの部分からなる自由な形式で書かれており、大規模な呈示部とも言える最初の部分では、作品全体を構成するいくつかの旋律的素材(賛美歌に加え、キャンプハウスのオリジナルな旋律も含まれる)の呈示が行われる。ここでは音楽の流れがしばしばフェルマータで中断され、雰囲気やテンポも頻繁に変わり、気分は一定しない。続く第2部(アンダンテ・コン・モート)は抒情的な旋律が綿々と歌われる、キャンプハウスの真骨頂とも言える場面。クライマックスに達したのちにアレグロ・エネルジーコの第3部に入る。故人の人柄を暗示するかのように音楽は活力に溢れ、楽天的な表情をみせるが、やがて速度を落とし、この作品の主調であるト長調の和音に終止。ここで最後の部分(モデラート)となり、賛美歌が初めて本来の姿で現われる。その旋律は転調を重ねつつ発展し、力強く壮麗な終結へ向かう。
高校以上の、編成が充実したバンドが真摯な聴き手の前で演奏するにふさわしい、シリアスな作品。
(解説: 後藤洋)

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品
ツイン・ポーツ序曲: スコアとパート譜セット|キャンプハウス, Mark|チョス ミュージック社
キャンプハウス, Mark
ツイン・ポーツ序曲: スコ…