トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セット古いイギリスのキャロル(グリーンスリーヴス) - 御使いうたいて/R.W.スミス編曲: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック


古いイギリスのキャロル(グリーンスリーヴス) - 御使いうたいて/R.W.スミス編曲: スコアとパート譜セット

Olde English Carol - What Child Is This?/R.W. Smith: Score & Parts

 
商品番号 GYW00123218
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 バーンハウス社
価格 12,000円 (税込 12,960円
収録曲
サイズ
楽譜説明



おなじみのイングランド民謡《グリーンスリーヴズ》は、アメリカではクリスマス・キャロルとして親しまれており、この楽譜も出版社のカタログには「クリスマス&ホリデー・セレクション」のひとつとして掲載されているが、もちろん日本ではそれ以外の季節に演奏してかまわない。
スミスはここ数年、よく知られた旋律を音楽表現の教材として編曲するこころみを続けている。それらはいずれも初級の曲には珍しく、楽器の重なりを薄くしてソロや少人数のアンサンブルの機会を増やし、強弱やアーティキュレーションの指示も入念に書き込まれているのが特徴。バンドのメンバーが注意深く楽譜を読み、作曲者/編曲者の意図を理解し、他に頼らず自分で考え、責任をもって表現すること——いずれも今日の日本のスクール・バンドが苦手とすることだが——が期待されているのがわかる。
この編曲では、鍵盤打楽器、トライアングル、サスペンデッド・シンバルの伴奏に乗ってアルト・サクソフォーンのソロで静かに旋律が歌われ、それが他の楽器に受け継がれてクライマックスを迎え、最後は再びアルト・サックスのソロで終わる、というシンプルな構成。合奏の組立ても実にシンプルだが、それだけにアンサンブルの精度と個々の奏者の音色次第で演奏に差が出そうだ。その意味で、技術的には非常にやさしいものの、よいトレーニングにもなる曲である。
クラリネットとトランペットが2パートずつで、その他は各楽器1パート。打楽器は5名要求されているが、ティンパニとヴィブラフォーンは省略可能。15〜20名で無理のない演奏ができる。ホルン以外の金管は控えめに使われており、フルートの音域が全体に低めだが、これはサウンドを柔らかくブレンドさせようとする意図の表れだろう。
(解説: 後藤洋)

BAR 2016吹奏楽新譜
Grade 2
Time 3:10

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品