トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セットグロスターの3つの歌(フレックス編成版)/ロングフィールド編曲: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

スチュアート, Hugh
グロスターの3つの歌(フレックス編成版)/ロングフィールド編曲: スコアとパート譜セット

STUART, Hugh :3 Ayres from Gloucester(Flex Band)/Arr. Longfield: Score & Parts

 
商品番号 GYW00123657
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 ハル・レナード社
価格 10,800円 (税込 11,664円
収録曲 - The Jolly Earl Of Cholmondeley
- Ayre For Eventide
- The Fiefs Of Wembley
サイズ
楽譜説明



ハル・レナードの「フレックス・バンド・シリーズ」の新譜。
ヒュー・M. ステュアートは1917年にペンシルヴァニアに生まれ、2006年に89歳で没したアメリカの音楽教育者/作曲家。日本ではほとんど知られていないが、初級から中級の曲を数多く遺し、それらの多くは、アメリカでは今日でもスタンダードとして盛んに演奏されている。いずれの作品も穏和で響きが美しく、フレージング、和声、スタイル、形式、合奏の基本などを学ぶ教材としても価値が高い。
彼は民謡を題材にした組曲を多く書いたが、1969年に出版されたこの《グロスターの3つの歌》もそのひとつ。グロスターはイングランド中西部、グロスターシャー州の州都で、16世紀に最盛期を迎えた歴史ある都市。この組曲はその地の古い民謡を素材としている。それぞれの楽章のタイトルにもなっている3つの歌は以下のとおり。

I. チャムリーのお楽しみThe Jolly of Cholmondeley(チャムリーは古城で有名なイングランド西部の村)
II. 夕べの歌Ayre for Eventide
III. ウェンブリーの領地The Fiefs of Wembley(ウェンブリーはロンドン北西の町)

第I、第III楽章は行進曲風で、第II楽章は美しい旋律が静かに歌われる
これらは日本ではなじみがないものの、どれもどこかで聴いたことがあるように親しみやすく、また懐かしい。派手な曲が並びがちな吹奏楽のコンサートこそ、このような曲があると喜ばれるはず。バンドの基本的な力を育て、応用する機会としても、このような丁寧な表現が求められるシンプルな曲にぜひ取り組みたいものである。
ロングフィールドによるフレックス版への編曲もよくできている。打楽器の使い方が節約されており、ほぼ2人でまかなうことができるのもありがたい。
(解説: 後藤洋)

HAL 2016吹奏楽新譜
Grade: 2-3
Time: 5:00

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります


アマゾンで購入する

アマゾンジャパン合同会社が運営する
「アマゾン」へのリンクとなります

最近見た商品
グロスターの3つの歌(フレックス編成版)/ロングフィールド編曲: スコアとパート譜セット|スチュアート, Hugh|ハル・レナード社
スチュアート, Hugh
グロスターの3つの歌(フレ…