トップ吹奏楽/バンド吹奏楽オリジナル作品スコアとパート譜セット水の向こう側の歌: スコアとパート譜セット

楽譜・商品の詳細

その他サンプルイメージ
イメージ1      

前へ戻る
mixiチェック

スパーク, Philip
水の向こう側の歌: スコアとパート譜セット

SPARKE, Philip :Songs from Across the Water: Score & Parts

 
商品番号 GYW00130089
カテゴリ 吹奏楽/バンド  |  吹奏楽オリジナル作品  |  スコアとパート譜セット 
出版社 アングロ・ミュージック社
価格 31,800円 (税込 34,344円
収録曲
サイズ
楽譜説明

ホルストやヴォーン・ウィリアムズをはじめとして、イギリスには自国の民謡に関心の高い作曲家が多い。スパークもそのひとりで、これまでにも民謡を題材とした作品をいくつか書いている。イギリス出身で現在はアメリカでバンド・ディレクターとして活躍しているフィル・エヴァンズの求めに応じて作曲されたこの《水の向こう側の歌》も、その系統に属する作品。大英帝国を構成する4つの国——イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ——のそれぞれの民謡を題材とした、いわば「イギリス民謡組曲」の体裁をとる。タイトルは、4つの国それぞれにとって他の3つの国は海や、川や、湖の向こうにある(つまりは、近くて遠い)という思いを反映したもののようだ。
曲全体は、切れ目なしに演奏される以下の3つの部分から構成されている。
1.三羽のカラス&クルスキーン・ローン The Three Ravens & The Cruiskeen Lawn:〈三羽のカラス〉はイングランドに古くから伝わる哀愁を帯びたバラード(スコットランドにもよく似た歌詞の歌があるらしい)。〈クルスキーン・ローン〉は、活気ある舞曲スタイルのアイルランド民謡。スコットランドの音楽を特徴づける五音音階を用いた印象的な導入部に続き、ユーフォニアムのソロによって軽快に提示された〈クルスキーン・ローン〉の旋律が他の楽器に受け継がれ、〈三羽のカラス〉につなげられた後、〈クルスキーン・ローン〉の再現となる。旋律は主に中音域の楽器が担当し、高音楽器はほぼ装飾的な動きに徹するのが特徴。

2.澄み切った空に歌うヒバリ The Lark in the Clear Air:しみじみとした美しい旋律が印象的な、アイルランドの恋歌。旋律と伴奏という形ではなく、さまざまな声部が美しく絡み合うように作られており、そのポリフォニーの見事さは無類だ。この部分だけ単独で演奏したくなる人も多いに違いない。

3.ダンディーの笛吹き&ハーレックの勇者たちThe Piper o’ Dundee & Men of Harlech:〈ダンディーの笛吹き〉は、北海に面するスコットランドの港町ダンディーにやってきた笛吹き芸人を主役にした陽気な民謡。非常に速いテンポで民謡の旋律が景気よく奏でられ、15世紀半ばの「薔薇戦争」の際の軍歌だったウェールズ民謡〈ハーレックの勇者たち〉がそれに続いて高らかに歌われる。

すっきりと洗練された筆致で仕上げられた、実にスマートな作品で、その意味で同じ作曲家による《宇宙の音楽》のダイナミズムの対極にあるといってよいだろう。優秀なユーフォニアム奏者がいるバンドのコンクール/コンサート・レパートリーとしておすすめ。
(解説: 後藤洋)

Grade 5
Time 8:00

備考
ヤマハミュージック Web Shopで買う

(株)ヤマハミュージックリテイリングが運営する
「ヤマハミュージック Web Shop」へのリンクとなります

楽天ブックスで購入する

楽天株式会社が運営する
「楽天ブックス」へのリンクとなります

最近見た商品